行ってみた!

オーストラリア(パース)に行ってみた!第2部(1日目・・・台湾桃園空港)

今日も元気!うみがめたろう(@_umigametarou)です。

このブログは『オーストラリア(パース)に行ってみた!第1部(1日目・・・福岡空港出発)』の続編(第2部)になります。

1日目(台湾・桃園国際空港)

1.飛行機の乗り継ぎについて

旅行に行く前、色々調べていたのですが、どうしても分からなかった事がありました。それは、

『飛行機の乗り継ぎ』

についてです。

ふくのすけ
ふくのすけ
ん?どういう事じゃ?

福岡から台湾に着き、それからシンガポールに行くのですが、

台湾で一度入国審査受けて、それから出国審査を受けて乗り継ぎしないといけないのか?

それとも入国審査を受けずにトランジットカウンターに行って、そのまま出国ロビーに行けるのか?

色々ネット等で調べたのですがイマイチ分からず、結局自分で行ってやってみようと思いました。

詳しくは『空港で乗り継ぎが出来る場合・出来ない場合』のブログを参照ください。

↑後日ブログupします。

(結論から言うと、一度台湾に入国しないとダメでした)

2.タピオカドリンクを食す!

台湾桃園国際空港に着いたのが台湾時間で11時00分、シンガポール・チャンギ空港に向けて出発するのが15時50分なので、約5時間弱の時間がありました。

ただし、入国せずに乗り継ぎしてみようとうろちょろしたりしていたので、実際に台湾に入国したのは12時で、スクートのカウンターのチェックイン開始が12時50分(スクートは出発3時間前からチェックイン開始なのです!)なので、実際ほとんど余裕はありませんでした。

でも台湾に着いて、やっぱりしておかないといけないと!と思っていた事、それは・・・

タピオカドリンクを飲む!

ふくのすけ
ふくのすけ
日本でほとんど飲まないくせに!

うみがめたろう
うみがめたろう
台湾の空気がそうさせるんだよ♪

周りを見渡しても、一階にはフードコートやショップは見当たらず、目の前にエスカレーターがあったので、とりあえず二階に上がってみると・・・

ありました~タピオカのお店です♪
メニュー表です!

台湾の人はなんて親切なんでしょう~!ちゃんと日本語で書いてありました。

しかし注文何て言うんだろ・・・入口にはメニュー表あるけど、レジにはメニュー表が見当たらないから指さしできないし・・・と困っていたら店員さんが、

「ニホンゴで」

と一言・・・とりあえずホッとして、『オリジナル黒タピオカミルクティー』を注文しました。

容器に何かを入れ、自動攪拌機(?)にセットするとすごい勢いでシェイクされます

そして完成です!

オリジナル黒タピオカミルクティー

見た目じゃわかりにくいですけど、特大を注文したので結構大きいです。

なのに価格は・・・90台湾ドル!(1台湾ドル=3.46円換算で約311円!

めちゃ安い!日本の半額くらい?

そして美味しかった~

3.チェックイン~ラウンジ

12時50分になると、スクートのカウンターでチェックインが始まりました。

福岡~台湾便で使用したバニラエアは持ち込み重量が7kgでしたが、スクートは10kgまで大丈夫なんです!ただ、バニラエアのチェックイン時に頑張って7kg以内にしないと!と思っていたので、スクートの10kgは何も気にしませんでした。(どっちにしても重さを量られる事なかったんですけどね)

チェックインが終わり、エスカレーターで2階に上がって出国審査を受け、出国ロビーで出発まで待ちます。

この待ち時間、やっぱり使用するのはこのカード『プライオリティパス

この『プライオリティパス』については後日ブログにアップします。

世界No.1の空港ラウンジサービス【PriorityPass】

台湾桃園国際空港でプライオリティパスが使えるラウンジはターミナル1では2カ所ターミナル2でも2カ所、計4カ所のラウンジが使用できます。

バニラエアもスクートも、ターミナル1を使用します。ターミナル1には『Plaza Premium Lounge(Zone C)と(Zone D)』の2つがあるのですが、ちょっと道に迷ってしまってターミナル2にある『Plaza Premium Lounge(Zone A1)』に来てしまったのです!

ふくのすけ
ふくのすけ
歩いて行ったなら、かなりの時間かかったじゃろ?

うみがめたろう
うみがめたろう
うん、20分は歩いた気がするよ・・・

でもせっかくなので行ってきました!

PLAZA PREMIUM LOUNGE(A1)

ラウンジ内はこんな感じです。

ドリンクコーナー
アルコール、ソフトドリンク飲み放題です
厨房です
注文したら出来たてを提供してくれます
デザートコーナー

で、今回食べたのはこちら!

香辛料が強い物とかもありましたが、美味しくいただきました。

ふくのすけ
ふくのすけ
どんだけ食べとんのじゃ!

うみがめたろう
うみがめたろう
だって取り放題だったから・・・

ふくのすけ
ふくのすけ
福岡空港でもめちゃ食べとったじゃろうが!

4.搭乗(スクート)

全体が撮れませんでした・・・

いよいよ搭乗です。

スクートB787-9機内です

足元の間隔は少し広めです。(写真撮り忘れました・・・)

(全ての航空会社が同じかどうか分かりませんが、スクートは同じボーイング787でも787-9は足元に余裕がありますが、787-8は以前乗った時かなり狭かった記憶があります)

台湾桃園空港からシンガポール・チャンギ空港までは約5時間半のフライトです。

ここまでのまとめ

初日の台湾桃園空港ではあまり時間に余裕がなかった為、タピオカドリンクしか飲めませんでした。が、帰り便の乗り継ぎの時は時間に余裕があったので、空港内で小籠包や他のタピオカデザートもいただきました。

また後日のブログで帰り便の事も書く予定です。更新までしばらくお待ちください。

あと、乗り継ぎの件ですが、乗り継ぎできる時できない時はどんな時?というのも詳しく書きたいと思っています。

続きは、『 行ってみた!(1日目・・・シンガポール) 』の予定です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

まだまだ続きます!!



こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です