行ってみた!

オーストラリア(パース)に行ってみた!第9部(4日目・・・コフヌコアラパークへ)

今日も元気!うみがめたろう(@_umigametaro)です。

このブログは 、

オーストラリア(パース)に行ってみた!第8部(3日目・・・フリーマントル~パース)

の続編(第9部)になります。

ふくのすけ
ふくのすけ
今回はコアラに会いに行くんじゃな!

うみがめたろう
うみがめたろう
うん!初対面!そして初抱っこ!

コフヌコアラパークへ

コフヌコアラパークについて

コフヌコアラパークとは・・・西オーストラリア州のバイフォード(州都パースから南東に約35km)にある動物公園です。コアラはもちろんのこと、ワラビーカンガルー孔雀エミューペリカンオウムモルモットなどが生活しています。(コフヌコアラパークは、検索するとコーハーヌコアラパーク(Cohunu Koala Park)と書いてあるところもあります。)

営業時間は10時~16時(日曜日~土曜日)となっております。

パースからの行き方

乗り換えが面倒とか、少しでも早く着きたい!と思われる方はタクシーやUberでの移動になると思います。しかし料金が割高(A$70くらい(約5250円))にはなります。

なので今回は、電車→バス→徒歩でコフヌコアラパークまで行ってきました。

旅先ではいつもGoogle Mapを利用します。
黄色の線が電車、緑色の線がバスです。

まず電車ですが、パース駅から『Armadale Line』(ラインカラー:黄色)を利用します。終点のArmadale(アーマデール)まで行き、そこからバスに乗り換えます。

パースの公共交通機関(Tranperth:トランパース)の運賃はゾーン制になっており、パースからアーマデールまでは『ZONE4』となっています。

パース駅に到着したら券売機で 『ZONE4』のチケットを購入します。

※券売機でのチケット購入方法は過去のブログに書いてますので、そちらをご覧下さい。→ 『オーストラリア(パース)に行ってみた!第6部(3日目・・・ロットネスト島到着)

実際に購入したチケットです

料金はA$6.9(約520円)です。

5番線Armadale行き~10分後に出発です~

パース駅から『Armadale Line』で終点のArmadale(アーマデール)までは約40分で到着します。

電車の中、すごくカラフルです♪

アーマデール駅に到着です。

ここから徒歩2分でバス停に到着です。

4番乗り場にバスが参ります~後ろにお下がりください

バス停に到着後、5分もしないうちにバスが到着しました。

252番に乗ります

バスは前のドアから乗車します。運転手さんに『コアラパークまで』と行き先を告げ、パース駅で購入したチケットを提示してから席に着きます。

パースの公共交通機関(バス、電車、渡船)は全て共通のチケットで乗れます。例えばパースからZONE3の駅まで電車で行き、それからバスに乗り換えてZONE4の駅まで行く場合、パース駅でZONE4までのチケットを購入すれば、バスでチケットを購入する必要はありません。

バスの車内です

あとは、前もってGoogle Mapで調べていたところで降りたら目的地まですぐだな~

と思っていました。(下の地図の所で降りようとしていました。)

バスに揺られること10分ちょっと・・・運転手さんがマイクで「次のバス停で降りて~」(もちろん英語で)と・・・

「ん?まだ降りるには早いんじゃない??」

と思いつつ、上の地図中央の青丸のバス停で降りました。

※あとで調べたのですが、このバス停で降りて正解だったのです。地図の最後まで行って降りていたら、近くにコアラパークの入口がなく、戻らないといけないところでした!

ここのバス停で降りました(バス停No.26592)

写真に写っている電柱の先を左折し、あとはひたすら歩きます・・・

歩くこと約10分(1km弱)、ようやくコフヌコアラパークが見えてきました!

バス停から結構歩きました・・・

コフヌコアラパークに到着!

中に入っていくと入口が・・・

これが入口?

自分でフェンスの入口のロックを解除して中に入ります。

中に入るとすぐに受付があるので入園料A$15(約1,125円)と、コアラを抱っこするのは別料金A$30(約2,250円)を支払い、園内に入ります。

コアラ広場(コアラの大群)

すると、入った奥にはすぐそこにはコアラの大群が!!

たくさんのコアラがお出迎え!

人生初コアラ!

それもたくさんのコアラがいる!!

木の上には何かしら悩みを抱えているコアラも??
コアラのマーチを真似しています

コアラって、寝ている時間が長いらしいんですけど、ここにいるほとんどのコアラは起きてました。

ひょっとしてかなりラッキーだったのかな!

しばらくコアラを眺めていて思ったこと・・・ずっとユーカリの葉っぱを食べ続けている!

クオッカもそうでしたけど、オーストラリアの動物って、食べる事が好きなんでしょうね。

コアラを抱っこしてみました

コアラ広場の隣にコアラを抱っこ出来るスペースがあります。

係員の方から呼ばれたのでそのスペースに入り、服が汚れないようにエプロンをかけます。

そしたら係員の方がコアラを抱っこさせてくれ、ユーカリも持たせてくれます。

コアラを拡大してみました

ふくのすけ
ふくのすけ
抱っこした感じはどうじゃった?

うみがめたろう
うみがめたろう
ズッシリきたけど、めちゃ毛がフワフワで気持ち良かったよ♪

すごく感動しました!

その他の動物たち

園内にはコアラの他にもたくさんの動物達がいました。柵の中で飼われている動物園内を自由に歩き回ってる動物、柵の中で飼われてはいるけど入園者が柵の中に入って近くで触れ合える動物・・・

色んな毛並みのモルモットがいました
オウムをはじめ色んな種類の鳥達
柵の中には自由に行き来出来ます
近づいても逃げません

アーマデールへ

アーマデールのカフェで一休み♪

この日は夕方の便でシンガポールに向かうので、12時過ぎにはコフヌコアラパークを後にしました。

バス停まで10分かけて徒歩で戻り、Google Mapでバスの時刻を調べたのですが、次にバスが来るのが1時間半後・・・

※バスは2時間に1本くらいしかないので注意が必要です。

さすがに1時間半も待ってたら飛行機の時刻も気になるし、お腹も空いてくるし・・・

ということで、『Uber』を呼んでアーマデールまで戻ることにしました。(アーマデールまで約10分、料金は1,500円ほどでした)

アーマデールに到着し、メインストリートを歩いていると一軒のカフェを発見したので中に入ってみました。

『DOME』というCAFE屋さんです
店内の様子です

月曜日の昼過ぎという事もあって、お客さんはそんなに多くありませんでした。

注文をして10分もしないうちにテーブルに運ばれてきました♪

メニュー表には
CHOC-A BLOCK(飲み物)
SAUSAGE ROLL(パン)
と書いてありました

お皿に載っている物、実はこれの2倍の量で一つのプレートだったのですが、店員さんが食べやすいようにと、妻の分と2皿に分けて持ってきてくれました。

日本だけじゃありません、オーストラリアにも『o・mo・te・na・shi』の精神が存在していました。

一人当り1,200円くらいでした。ほんと美味しかったです、ごちそうさまでした。

アーマデールからパース空港までの行き方

アーマデールからパース空港までの行き方としては、基本次の2通りだと思います。

1.Uberで空港まで行く

  Uberで空港まで行く方法ですが、乗り換えも必要ないし、時間も一番早く着く方法です。(時間は約30分、料金は約3,000円ちょっと

2.電車+Uberで空港まで行く

  電車でアーマデールからCannington Stationまで電車で行き、そこからUberで空港まで行く方法です。(時間は約40分、二人で利用した場合一人につき約1,100円

時間がそこまで変わらなかったので、今回は安い2.の方法で空港まで行きました。

ここまでのまとめ

今回はコフヌコアラパークの事を中心にお届けしました。

パース空港まで戻ってきたので、あとはシンガポール→台湾桃園→福岡空港で今回の旅行は完結です。

今回の『第9部』で完結させようかと思ったのですが、もう一つブログに書きたい事がありました。

それはシンガポール・チャンギ空港にある人工の滝『JEWELです。

『JEWEL』は空港の敷地内にあるのですが、間近で観るためには一度シンガポールに入国しないと観ることはできません。(ターミナル間を往復しているスカイトレインに乗れば入国審査を受けなくても『JEWEL』を観ることは出来ますが、そこを通る間の短時間しか観る事が出来ないので、ゆっくり観ることは出来ません。)

シンガポール・チャンギ空港には夜23時30分に着いたのですが、最終のショーをギリギリ観ることが出来たので、次の『第10部』で書こうと思っています。

近日公開予定!

最後に、もう一枚コアラの写真を載せておきます。

これは、一匹だけ小さなケースに入れられていたのですが、すぐ近くまで寄る事が出来たのでパチリしました♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です