買ってみた!!!

soda streamを買ってみた!(ミドボン仕様)

今日も元気!うみがめたろう(@_umigametaro)です。

もう何年も前からですが、夏になるといつも思ってました。

soda streamが欲しい!!

冬になったらこの気持ちは収まるのですが、夏が近づき気温が上がってきたら、またソーダストリームが欲しいと・・・毎年その繰り返しでした。

ペットボトルの炭酸を買っても、炭酸が抜けるまでに全部飲み干さないと!と小さなプレッシャーに襲われるけど、そう簡単に飲めるものでもないし、かと言って小さな缶の炭酸をいつも買うのはコスト的にもったいないと思ったり。

そんな心配をしないで気軽に炭酸が飲みたいと考えてた時にsoda streamの存在を知り、でも価格的に少し高いのと、soda streamを購入しても肝心なガスシリンダーがすぐ無くなってしまうようじゃ何のために買ったかわからないし。

そんなある日ネットで色々調べていたら・・・見つけてしまいました!

ミドボン仕様のsoda streamを!!!

(ミドボンとは緑色のボンベの事で、中には液化炭酸ガスが入ってます)

これだったらコストはガスシリンダーとは比較にならないほど安く済みます。

それにいつでも気兼ねなく炭酸が作れる。飲用だけじゃなく、ご飯を炊く時にも使えるし、髪を洗う時にも使える・・・なんて贅沢な!

ということでsoda streamの購入を決心しました。

soda streamが家にあったら好きな時に好きなだけ炭酸が作れますからね。

買ってみた

一つずつ説明していきます。

soda stream本体を購入

soda stream SPIRIT ONE TOUCH(新製品みたいです)

近くの電気屋さんで購入しました。

soda streamといっても色んな種類があるんですね。

この機種は電動式で、3つのボタンから好みの強さ(強・中・弱)で炭酸水を作ることが出来るのです。新製品ということもあり、この機種を購入しました。

ミドボンを購入(レンタル)

ミドボン(緑色のボンベ)ですが、近くの酒屋さんに問い合わせてみたところ、ミドボン本体はレンタルになるらしく、5000円の保証金(使わなくなった時に返品すれば5000円戻ってくるとの事)と、あとは中身の液化炭酸ガス5kgで3000円(店舗によってはもうちょっと安いところもあるみたいです)の合計8000円で手に入りました。

少し重いですよ。うちは酒屋さんが配達してくれました。

直結ホースを購入

これはネットで購入しました。

色んな長さが売ってました。大は小を兼ねるではありませんが、短くて届かないよりはいいかなと思い、2mのものを購入しました。ホースと一緒に取り付け及び使用方法の紙も入っていたので、それを読みながら接続していきます。

私が購入したホースの両端には最初から接続用の金具が取り付けてあったので、接続用の金具を別途購入する必要はありませんでした。

箱を開けてみた

これが内容物の一覧です。

・ソーダメーカー本体

・専用ガスシリンダー

・専用ボトル(キャップ付き)

・取扱説明書

・ソーダメーカー保証書

・アダプター

・色んな形状のコンセント

接続してみた

1.本体背面のカバーを開ける

2.soda streamのガスシリンダー接続部とホースを接続する

3.ホースの反対側をミドボンの炭酸ガス排出部分に接続する

4.これで接続完了です

作業としては約10分位で完了しました。そんなに難しいことはありませんが、取り付けがきちんと出来てなかったらガスが漏れてしまいますので、丁寧に作業しましょう。

実際に炭酸を作ってみた

専用ボトルに冷水を水位ラインまで満たしソーダメーカーにセット!

そして・・・炭酸レベル・・・?

強炭酸ってどんな感じ?

中炭酸ってどんな感じ??

弱炭酸ってどんな感じ???

よく分からなかったので、とりあえず強炭酸ボタンをPUSH!!

すると・・・

ちゃんと出来ました!(当たり前ですが・・・)

飲んでみると、かなりの強炭酸です。ちょっと苦みがします。

次に中炭酸で作ってみました。

私的にはこれくらいがちょうどいいみたいです。

まとめ

・直結ホースについて

 直結ホースは購入前に設置場所を考えてから購入したほうがいいと思います。私は2mのものを購入したのですが、ホース自体は柔らかくない為束ねる事は出来ません。うちでは無理矢理ホースを遠回りさせて設置してますが、短いホースで長さが足りるなら価格も安いしオススメです。

・soda streamについて

 他の機種は使った事はありませんが、今回購入した機種は操作も簡単だし、ボタン一つで炭酸も出来るので買って良かったです。購入した時にセットになっている専用ボトルは1L用のものが一つです。私は本体購入後数日してから500ml用の専用ボトルを2個買い足しました。

説明書には冷水を使用するように書いてあるので、あらかじめ専用ボトルに水を入れ、それを冷蔵庫に入れておき、使用する時に炭酸を作るようにしています。そしたらいつも出来たての炭酸水を好きな時に使用することが出来るからです。

別売りでsoda stream社が色んな味のフレーバーを出してます。今度買って試してみようと思います。

あと、炭酸を作る時に毎回ミドボンのバルブを開け閉めしないといけないのが人によっては面倒と思われるかもしれませんが、私的にはコストの事を考えたらそれくらいの事は全然苦にはなりません。

ソーダストリーム SPIRIT (スピリット)スターターキット

価格:15,400円
(2020/3/29 21:15時点)
感想(76件)

ソーダストリーム ジェネシス v2 スターターキット<炭酸水ブランド>

価格:9,900円
(2020/3/29 21:16時点)
感想(808件)

ソーダストリーム Source v3(ソース v3) スターターキット【特典にシロップ1本付いてくる♪※種類は選べません】

価格:20,900円
(2020/3/29 21:16時点)
感想(166件)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です